探偵日記Blog

探偵日記

キーワード検索 :  

【女性は感情的】

皆さんは、すぐカッ!となってしまうタイプですか?
私はそうです。
すぐに感情的になってしまい、言ってはいけない事を言って相手を傷つけてしまったり、感情のままに行動してしまい失敗してしまう事もしばしば…
感情がこみ上げると、頭が働かなくなり瞬時によぎった事1択で突き進んでしまうんです。
いわゆる「喜怒哀楽が激しいタイプ」です。

こういったタイプは女性に多く、依頼者さんにもよく見られます。
めちゃくちゃ気持ちはわかるんですけど…


例えば、友達に相談した時。
冷静に話を聞き分析し最善だと思う答えをもらえるはずです。
だけど自分にはなぜか響かなかった経験ってありませんか?
そんな時「わかってもらえない」と諦めてしまいがちです。

冷静になる事は簡単な事ではありませんが、まずは平常心を持てるようにする事が大事です。
こんな状況の時に正論をぶつけられても何も響かないからです。
頭では言われている事の意味だったり正論な事もわかっているのですが今欲しい言葉は〝それじゃない〟というのが心のどこかにあるから変に納得が出来ないでいる状態なのです。
相談しておきながら自分勝手だなと思う事もありますが、理屈じゃないんですよね。(笑)

人の感情って難しいですね。


聞く姿勢もそうですが、行動に関しても平常心は特に大事です。
後になって「なぜあの時、こうしてしまったんだろう…」と後悔しても遅いからです。
行動を起こす!という事は、少なからず自分自身に変化を起こします。
その〝変化〟によって周りの対応であったり印象であったりが変わります。
そうなんです。
必ず何かの連鎖反応が起こるんです。

誤った行動を起こしてしまう事で、事態が余計にややこしく困難になったりします。
突発的な行動を起こしてしまう事で、先の事など考え切れていないままに事態が動き出してしまうので「こんなはずじゃなかった」と予想外の事態に慌ててパニックになってしまう事も多いです。

今まで調査してきた中で、感情的になり事態が悪化してしまった依頼者さんにも何人も会いました。
リアルタイムで報告を希望する場合や1日ごとに調査結果を報告する中で、感情の浮気沈みは必ず起こります。
そんな時に1人でいると誰も暴走を止められなくなりますし、いてもたってもいられなくなってしまいます。
その為に、ターゲットに勘ぐられ警戒されてしまったり、最悪の場合には調査している事がばれてしまったり。

せっかく作戦を立てて確実な方法をとっていてもバレてしまっては全て水の泡ですもんね。
新たに作戦を立て直しますが、やはり今までの様にチャンスが訪れる機会はグン!と減ってしまいます。
それに、作戦を立て直す事で時間も余計にかかってしまいます。

まさに悪循環ですよね。


第三者の立場になって初めてわかる事ですが、感情任せに動くことが如何に悪循環でリスクがあり、ほぼほぼの確立で失敗に終わるかという事です。
冷静さって本当に大事ですよね!
私も、もう少し感情を抑えられる様になりたいと思っています。







【デリヘル。は嘘】

先日、ご主人が浮気をしていた話(実話)を書いていらっしゃる記事を見つけました。

内容は…
奥様が仕事を終え自宅に帰ると、玄関には夫の靴と女性物の靴が。
誰?と思い家に入ると、寝室の方から声がする。

まさか…!
と思い部屋を空けると、そこには裸の夫と見知らぬ女性が。
咄嗟に「あなた誰!?」と女性に問いかけると
女性は「デリヘルです!」と答えたそうです。

奥様は一瞬チラリと夫を睨み付けながら、女性に向かって「おいくらですか?帰ってもらえます?」と言い放ち、支払いを済ませ女性を帰らせたそうです。

元々、ご主人は風俗が大好きな方だったそうですが自宅に招き入れたことにより奥様の怒りは最高潮に。
もう絶対しない!との約束をし、この件に関しては終わりにしたそうです。

ですが、その後のご主人の行動にどこか違和感がある事、日に日に奥様の不信感が募っていった事もあり、コッソリ夫の携帯を調べていたところ、どうやら浮気をしているみたいだと判明。

LINEのやり取りに使用されている浮気相手の名前からSNSを検索してみたところ、運よくヒット!
投稿を見てみると、顔は写っていませんでしたが夫が持っている服や小物を身に着けた男性とのデートの日々。

なぜ、SNSを見つける事が出来たのか?その理由が、アイコンでした。
自分の顔をアイコンにしていた浮気相手。
その顔に、奥様は見覚えがあったんです。

そう。
先日「デリヘルです」と嘘をついた女の顔だったんです。
記事は、夫と浮気相手に騙された!という怒りで終わられていたので、その後どうなったのかはわかりません。

自宅で不貞行為が行われていたことに加え、嘘をついて欺く。
許せないですよね!!
完全に奥様をナメている証拠です。

浮気や不倫をする人の多くは、パートナーを欺く自信があり甘く見ている傾向が殆どです。
酷い場合は、浮気に気付いているのにパートナーに対して何も言えない人のパターンです。
隠す気ないんじゃないの?というくらいの行動をとられてしまいます。
完全に見下されていますよね。

ですが、何も言えないタイプの人ほどチャンスなんです!
普段から従順だからこその信頼がありますから、何か仕掛けてくるだなんて想像もしていない。
警戒もされていないからこそ行動を起こしやすいんです。

予想外の事が起きた時、人は必ず動揺します。
慌ててももう遅い。
起きた状況に向き合い対処していくしかなくなりますから、一気に攻め込むチャンスなんですね!

少し話が逸れてしまいましたが…
上記の記事を書いた方が、その後上手く対処で来ている事を祈ります。
同じように苦しんでいる、又は怒りが止まらない方は一度、その道のプロである探偵に相談してみてはいかがでしょうか?
何かきっかけがつかめると思います。




【堂々と不倫するな!】

皆さんの周りに『不倫している人』はいますか?
このご時世、5人に1人が不倫していると言われており、不倫率は年々増加傾向にあります。

これだけ浸透してくると、何が常識かわからなくなってくる人もいる様で堂々と不倫を公言する人も少なくはありません。

先日私が、お友達グループと飲み会をしたときの話です。
基本的にはみんな仲良しなのですが、数人程「会えば話すけど…」という様な人も混ざっていました。
勿論、その方達は私が探偵であることを知っています。

飲み会も盛り上がりいい感じになってきた頃に、旦那様の話や、お付き合いしている人の話になったんです。
いわゆる「恋バナ」みたいなやつです。
そんな流れの中、お友達の1人が不倫のカミングアウトをしてきたんです。

本人的にはカミングアウトのつもりだったのかもしれませんが、聞いている周りの人間には「全然隠すつもりなんてなく喋りたいだけ!」と受け取れる口ぶりでした。
のろけ交じりで話していた友人ですが、全然不倫に対する後ろめたさもなく、皆やってるでしょ?と言わんばかりのノリと不倫を正当化するような発言。

聞いているうちに段々腹が立ってきて「勝手に調査してご主人につきつけてやろうか!!」と思うほどでした。
ですが、悲しい事にこういった感覚を持った人が他にもいるのは事実です。
人伝にも聞いたことはありますし、そういった噂が回るという事は誰にでも話しているからでしょう。


また、話すだけではなく行動にも表れる人がいます。
調査の際に思う事ですが、自宅付近にも関わらず不倫デートを楽しむ人もいます。
パートナーに見られるリスクも勿論ありますが、ご近所からどう思われるのか考えないのか!?と。
何処で知り合いに会うかもわからない状況でなぜ堂々と出来るのか疑問です。
お子様がいるご家庭ならなおの事、変な噂を立てられると子供が可哀想だと思わないのでしょうか。


制裁を受け、痛い目に合っている人がどれだけ少ないのかと思います。
不倫したことによってガミガミ問い詰められて終わっているだけの人が多いんだろうなと…

人は自分自身に痛みを伴わなければ後悔も反省もしません。
だから学ぶことをせず何度も繰り返すのです。
反面教師という言葉もありますが、よっぽっど身近な所で怒らない限りは他人事です。
私は、不倫が当たり前の世の中になっていくのが怖いです。





【目的って必要?】

調査を依頼するにあたって、目的が明確でないといけないと思っていませんか?

どういう事かと言うと…
例えば、ご主人に浮気の疑いがあるとしましょう。
ここでまず、真実をつきとめたい気持ちがでてきますよね?
この段階で、離婚したい・別れさせたい・再構築したい・慰謝料を取りたい等、どうしたいのかに違いが出てきます。

この『どうしたい』が明確ではない場合、調査を依頼してはいけないという訳ではありません。
調査を進めていく中で、気持ちの変化は必ずありますから進めながら考えるのも良いですし、調査結果を確認してから考えるのも良いでしょう。

また『私はどうすれば良いのだろう!?』と悩まれている方も多くいらっしゃいます。
そんな場合でも、こちらから様々な方法を提案させていただくことが出来ます!
その為には、まず相談をしていただかなければいけません。

探偵会社の広告文言に「まずはご相談ください!」と言うのをよくみかけませんか?
あれは、そう言う事なんです。
目的が決まっている方のみ対応します!という訳ではなく、悩んで迷っているからこそ一緒に何が出来るか相談しましょう!という事なんですね。

更に言うと『探偵』という職業が不透明過ぎて何が出来るか、どんなことが出来るのかなんて把握している方はいないと思います。
実際、お問い合わせ頂いた中で「どんなことが出来ますか?」と唐突に質問されることもよくあります。
正直めっちゃ困る質問ではあります(笑)

何もお話しを伺えていない状況でご質問頂いても、浮気に関する事なのか、人探しに関する事なのか等ジャンルごとに違いますので、お話を伺わなければ答えにくいからです。
細かく言えば、持っている情報によっても出来る事が変わってきますし、調査の仕方も、依頼者様に合わせた調査という部分ではパターンが同じものはほぼありませんので、一言ではお答えできません!というのが本音です。

何が出来るかわからない様な所に問い合わせる!となると、かなり勇気のいる事だとは思いますが、警察や弁護士が相手にしてくれない様な悩みでも解決できる可能性があるのは探偵だけです。
『何でもできます!』とは言えませんが、どの職業よりも携われる範囲が広い事は間違いありません!
それ故に、どうしても不透明な部分が出てきてしまうのかもしれませんね。

どうすればいいのかわからない、こうしたいのだけど何が出来る?等、悩みも質問もなんでも話してみてください。
何か解決の糸口が見つかるかもしれません!
皆さんが思っているよりも、探偵は身近な職業なんですよ♪








【不倫相手は、あなたを知っています】

『不倫相手』についてお話したいと思います。

パートナーへの不倫が発覚した時、まずは何をしますか?
より不倫を明確にするための証拠だったり、誰と不倫しているのかを調べようとしますよね。
その時点で、あなたの素性は不倫相手にバレています!

実際、不倫している人の中でお付き合いしている人のパートナーの情報を何も知らない!という方はわずか数パーセントです。
不倫経験者によるアンケートデータにも出ています。

そもそも不倫相手となる人は〝既婚者だ〟と了承したうえでお付き合いをしている方が多いのが現実です。
パートナー自身も初対面の時から、不倫前提の自己紹介なんてしませんから何の気なしに自分の素性を話すのは当然の事です。

お付き合いする前に話した何気ない会話の中から、夫や妻の話って出てきます。
その中で、些細な情報からプライベートな情報まで無意識のうちに得る事が可能なんですよね。
勿論、お付き合いしてからでもわざわざ探らなくても情報は自然に入ってきます。

では、あなたのどんな情報を得られているのか。

まず、住所は確実に知られています。
だってパートナーと同じ家に住み生活しているのですから。

その次に、職業です。
もしかしたら勤務先も知られているかもしれませんね。
職業を聞かれたら、相手に分かりやすいように『○○病院で働いている』と答えてしまう事って多くないですか?
生活圏内が同じであったり、場所が近い場合は会社名や建物名で答えがちです。

後、名前も知られている可能性はあります。
携帯の連絡先の登録名から、着信やメール等の際に見てしまい名前を知った等もあり得ます。

そして、年齢や誕生日です。
パートナーの中には『パートナーの誕生日だから今日は会えない』などとハッキリ伝える人もいます。

この様に、あなたの個人情報は意外とダダ漏れなんです。
知らたくない人にこんなに知られているなんて怖くないですか!?
それも、あなたが不倫の事実に気付くよりも早くに知られている可能性の方が高いんです!
不倫相手が本気だった場合、どのような嫌がらせをされるかわかりません。
SNSのアカウントを探られて監視されているかもしれません。
今の時代少しの情報があれば、素人が運良く本人にたどり着く事も珍しくはありません。
ネットはそれほど恐ろしいのです。
不倫相手に刺された!なんて事件も実際に起こっていますしね。
ですから全く危険がない!とも言い切れないんです。

こういった事態になる前に、怪しい!と思った時点で相手の事を調べるべきです。
何も知らない事ほど怖いものはありませんよ!








【証拠集めと感情】

パートナーの浮気を疑う様な事態が起きた時、どうしますか?

疑いを持ったきっかけとして
見た目等の様子が変わった。
LINEやSNSを見てしまった。
出かける事が多くなった。
というのが一般的に多いですね!

LINEやSNSを見てしまった場合、相手の名前や生活圏内を特定できてしまう事もあります。
そしてメッセージのやり取りから、浮気しているのかどうかも判明するでしょう。

この様に、一つのきっかけを元に気になり調べ始めてしまうのが人間です。
調べるのは構いませんが、どこまで調べて最終的にどうしようと考えているのでしょうか?

きっと、そこまで深く考えて行動している訳ではなく、ある程度浮気している事がわかり次第、問い詰めて話し合おう!と思っていらっしゃるのだと思います。
それ、絶対上手くいきません!!

そもそも、浮気をする人は〝リスク〟は承知の上ですしバレると何をされるかもある程度想定しています。
ですから、簡単に認める訳にはいかない気持ちがあります。
認めてしまえば自分にとって不都合な事しか起こりませんから。
確実に認めざるを得ない証拠がないと、次から次へと言い分を考えますし中途半端に問い詰める事で、警戒心が生まれる為今まで以上に証拠を残さなくなりますし、お遊び程度の浮気だったのであれば別れを選ぶでしょう。
こうなってしまうと、素人では手が付けられなくなってしまいます。

パートナーの言い分や言い逃れを聞いている時の気持ち想像できますか?
ものすごく腹が立つと同時にパートナーの嫌な部分が露骨に見えてしまいドン引きします。
そして、その言い逃れを覆せす切り札を持ち合わせていない自分に腹が立ち悔しい思いと悲しい思いでいっぱいになります。
そんな気持ちを抱えたまま、泣き寝入りしますか…?

だからこそ、感情のままに無計画な行動はしないでほしいです。
たかが浮気!と思うかもしれませんが、家族や夫婦にとっては一大事です!
自分で解決できる!となめていると、とんでもない感情に支配され冷静には戦えなくなります。
だから失敗する。


また、依頼者さんの中にも、自分で証拠集めをしようとする方や、ボイスレコーダーを使い証拠を作ろうとする方もいらっしゃいます。
こういった方々は、最終的に浮気相手から慰謝料を取りたい!とお考えなので証拠を集めた後は、よろしくお願いします。
といった感じです。
ですが、やっぱり失敗している例が殆どです。

原因はやっぱり感情に支配されてしまうからです。
だってそうでしょう?
例えば、浮気相手と仲睦まじくイチャイチャしている会話や、行為の真っ最中の録音音声を聞いて平常心が保てますか?
それも1回ではなく何度か録音を繰り返さなければダメなんですよ?
当事者からすれば、精神的負担がかなりありますよね。
探偵から報告される事実と、自分が身を持って体験する事実。
どっちが辛いかわかりますよね?

ただ、パートナーに文句を言いたいだけの為に証拠さがしするのなら止めませんが、キチンと先を見据えている。
又は、浮気問題をうやむやにしたくない!と思うのであれば中途半端な方法を選択しないでください。
自分でやる!というのが、どれほどの成功率なのか考えてみて欲しいです。










【10月になりました!】

いよいよ本格的な秋ですね。
昼間はまだ暑い日が続いていますが、夜は肌寒く秋らしさを感じます。

この時期になると〝ハロウィンイベント〟が目立ちますね!
オレンジや紫の装飾をよく目にします。
USJでは毎年人気のゾンビ。今年は、ひらパーでも何やらゾンビイベントを開催している模様です。
私はお化け屋敷系がめちゃくちゃ苦手なので、大阪人ですがこの時期のUSJには行った事がありません!(笑)

ハロウィンが終わると次はクリスマスですね!
こうなると年末はもうすぐそこで1年の終わりの早さを感じます。
皆さん、今年のうちにやっておきたい事はありますか?

探偵のお仕事で言うと、12月は浮気調査が殺到します。
それはなぜか…?
そうです!
年内にキレイさっぱり解決して、年明けとともに新しい人生を…!
と考える方が多いからです。
1年の終わりは、何かを終わらせ新しい目標を掲げるのに、ちょうどいい節目になりますよね。
大掃除と共に片づけてしまおう!と思うのです。

キレイさっぱり!とお考えならば今から動きだしてください!
12月中に調査を終えたとしても、その後の話し合いがある事をお忘れではありませんか?

例えば、離婚するとして…
話合いになったとしても、慰謝料や養育費、財産分与などの話合いをするわけですがスムーズに決まるケースは稀です。
折り合いがつかず調停になってしまえば数か月はかかってしまいますし、裁判だともっとかかります。
こうなると年内は無理ですよね。

何かを始めるにあたって、すぐに結果が出る事ってほとんどないと思います。
だからこそ『思い立ったら即行動!』が大事なんですよね!
自分一人で生きている訳ではないので、周りの状況だったり、タイミングだったりを見ながら行動を進めていくのが大事です。
何事も余裕をもって行動に取り掛かる様にしましょう!









【やり場のない想い】

自分は真剣に交際してしたつもりだったのに…。

不倫カップルに、よくある事ではないでしょうか。
どちら共が遊びの関係とは限りませんし、どちら共が本気とも限りません。

付き合い始めの頃は、どちらも『楽しい』『嬉しい』『大好き』な気持ちでいっぱいです。
ですから、この交際が遊びか本気かだなんて考えもしないはずです。
交際が長くなっていくにつれ、気持ちに余裕ができたり、慣れからのマンネリだったり、冷静に考えて相手を見れる様になってきます。
この辺りから、温度差は生じてきます。

ここまでは、不倫関係であろうと、なかろうと『恋愛』という点では共通していると思います。

問題は、別れ話に発展した時です。
独身同士の交際であればスムーズに終われる事の方が多いと思います。
ですが不倫関係であり、尚且つ既婚者と独身のカップルだった場合。
問題のタネが多過ぎて、中々スムーズな解決には至らないでしょう。

こういった場合、大体フラれるのは独身側です。
しかも女性が多い!
男性は、結局安定した場所を求めるので中々離婚を自ら決意はしません。
よっぽど不倫相手に本気になっていない限りは…
仮に、不倫していない状態で奥様に嫌気がさしていたとしても、離婚して1人になる事を避ける為、自分から離婚!とは言い出しません。
もし離婚することがあったとしても、不倫相手との結婚の確約が出来るまでは離婚に動き出さないでしょう。

不倫関係の末、捨てられてしまった独身女性。
女性は、ある程度のお付き合い期間を経ると結婚を意識し始める傾向にあります。
上手く言いくるめられて、その気になっていた分ショックと怒りは相当なものですよね!
逆上して、相手の家庭を壊しにかかる人も、ドラマの中だけではなく実際に存在します。

だけど、どんなに酷いことをされようと、復讐心を燃やそうと出来ることは何もありません。
勿論、慰謝料も取れません。
既婚者だなんて知らなかった!なんて人は極少数だからです。
そう。泣き寝入りしかありません。

人生無駄にしたと思いませんか?
自分は本気で好意を寄せ結婚まで考えて過ごしていた日々だったのに、相手にとってはただのひとときのお遊びだったんですから。

奥さんと別れて欲しいけれど、我慢して過ごしていた日々。
不倫関係だからと公に出来ない事は多々あった。
もっと一緒にいたかったけれど、聞き分けの良い子を演じなければならなかった。
自分だけのモノにならないもどかしさ。

全部『結婚』という目標があったから我慢できた事ですよね。
それが全て無駄だった…

別れた後、残るものは何ですか?
虚しさと悲しさしか残りません。
今まで楽しかったはずの交際期間が空っぽになってしまうんです。

そんな心情の中、奥様からの慰謝料請求というトドメを刺されてしまう事もあります。
もうドン底ですよね。
家庭を守りたい男性は当然守ってはくれません。
もう一緒にいられない相手より、これから共に過ごしていかなければいけない相手の方を気遣いますから。

ここまできて、不倫した事を後悔しても遅いのです。
経験しなければ学ぶ事はなかったかもしれませんが、大人であるなら不倫すればどうなるかわかりますよね?
全て自分が撒いたタネであり、得られるのは周りからの同情。
本当に、ただやり場のない思いと辛い事実が残るだけ…

不倫を安易に考えている人がいるのであれば、最悪の場合を想定して、もう一度しっかり考えて欲しいです。
どんな人であっても、女性である限り恋する気持ちは同じです。
どうか、許される恋に全力を注ぎ幸せになれる道を選んでください。
しなくても良い想いを自らする必要はありません。








【女性は強い‼︎】

ご主人に不倫疑惑を持つ奥様。
相談に来られた頃は、パニック状態というか頭から真っ白というか…
とにかく冷静になろうとしてもなれない!
そんな状態でした。

ご主人が本当に不倫しているのかどうか知りたい。
だけれど、知ってどうしたら良いのかわからない。
今はとにかく、離婚するか、女と別れさせて夫婦生活をやり直すのかも考えられない。
どうしよう…

そんな悩みを抱えてご相談に来られる方は少なくありません。

だって、急に不倫している事実を知るんですよ?
気が動転して、考えないといけない現実よりもマイナスな推測や想像で頭や心を掻き乱された状態ですから、冷静になんてなれなくても仕方ありません。
きっと、結婚前から「不倫されたらこうする!」という内容を決めていたという人はほとんどいないはずですし、結婚を決める時に不倫の事なんて考えないですよね。

だけど女の人って、ほんとに強いんです‼︎

どうしよう…と半ベソ状態でオロオロされていたのが嘘かの様に、不倫の事実を少しずつ知っていく事でだんだん強くなっていくんですよ!
切り替えが早いと言いますか、見切りをつけたらスパッと次へ進めるんです。
1週間の調査が終盤を迎える頃には、ご主人が不倫相手と会わない日があると、すごく残念がられるんです!(笑)
逆に、密会してる日は喜ばれるんです!(笑)
凄くないですか⁉︎
勿論、全ての女性がそうではありません。

前を向いて1歩進み出した女性ってすごくカッコイイんです!
お子様がいらっしゃる方なら尚更、子供の事を考えてより強くなっておられるのを感じます。
きっと、お子様の存在が大きな支えになるからでしょうね。
誰かの為に頑張れる人って、とても素敵ですよね!
それが自分の為であっても、目標を持って前に進む事と、なんとなくの成り行き任せに流されるのとでは全然違います!

きっと今も不安や動揺、辛さに押し潰されそうになりながら日々悩んでいる方もいらっしゃると思います。
時間をかけて悩む事も必要ですが、どうか勇気を出して1歩踏み出して欲しいと思います。
限られた人生の中の大切な時間を、憂鬱な時間で潰さないで欲しい。
怖い事から逃げないで欲しい。

人生には波があって当然だから、落ちるとこまで落ちたなら、後は上がっていくだけです!
悪い事もあれば良い事も必ずあるんです。
努力次第でどうにか出来る事もたくさんあるから、諦めないで欲しいと思います。







【女でもあり母親でもある】

世の中にはパートナーがいないとダメな人がいます。
離婚した女性によく見られるパターンですが、1人が耐えきれず次から次へと彼氏を作ります。
本人は勿論〝本気だ!〟と思っているし言い張ります。
だけど、周りの他人から見れば「寂しさに耐えきれず誰でもいいから傍にいてほしいんだ」と見えてしまいます。

彼氏を作る事は悪い事ではないし、すぐに恋が出来るのは羨ましい事です。
ですが、本当にそれが幸せなのでしょうか?

私の知人にも同じタイプがいます。
その人には子供が1人いました。
離婚し、彼氏ができ、別れる。そしてしばらくするとまた別の彼氏がいるのです。
久々に会って話をするといつも違う男性だったので私もびっくりする程でした。

その子の悪い癖が、付き合ってすぐに彼氏を子供に会わせる事でした。
そして「パパ」と呼ばせる…
そのせいで、当時幼かった子供は「私にはパパがいっぱいいるの!」と何の悪意もなく私や保育園の保護者達に話していました。

それを見た母親が焦って、そこからは彼氏を会わせパパと呼ばせることをやめました。
何もわかっていない子供からすると、とっても迷惑な話ですよね。

母親も人間だし寂しく思う事があったり、1人で子育てする中で誰かに甘えてしまいたくなる事もあります。
そして、女友達では癒せないメンタル面もあります。
だけど、子供の事は置いといて自分自身が〝女〟になる事には感心が持てません。

女性のダメな部分は、恋をすると女になってしまい相手に流されてしまう所です。
シングルマザーだけではなく、浮気や不倫をする女性に対しても言えます。
恋愛の主導権を握るのは、大体の場合が男性です。
そこに合わせて流されるから、自分の事しか考えられなくなるのです。
そうする事によって誰に迷惑をかけているのか考えたことはありますか?

近年、親の過保護っぷりが目立つ一方で、子供の事よりも自分が大事な親もまだまだいます。
子供は子供ですから、自分で人生を選ぶことはまだできません。
親がとった行動によってできた現状に順応していくしかないのです。
悲しいですが、弊社にいらっしゃる依頼者さんや相談に来られる方の中にも自分の事ばかりでいっぱいいっぱいになられている方はいらっしゃいます。

ご主人に浮気され、それどころじゃない心情なのかも知れませんが傷ついているのは母親だけじゃないんです。
子供は敏感ですから、母親の様子をすぐに感じ取ります。
そして触れてはいけないタブーだと認識し1人で苦しむのです。
自分の事も勿論大事だけれども、自分と子供にとってどうする事が1番良い選択なのかを基準に考えてほしいです。

女だけど母親です。
子供を育て上げるまで我慢は出来ませんか?
恋愛は自由だけど、もう少し考えれる人が少しでも増えてくれたらいいな…
としみじみ思ったので、私の想いを書かせて頂きました。




| 前の0件 | 次の10件 |  [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 13 ] [ 14 ] [ 15 ] [ 16 ] [ 17 ] [ 18 ]  |