探偵日記Blog

探偵日記

キーワード検索 :  

【依頼者様の声】

ご主人が浮気しているかも!?と疑惑をもっておられた、30代女性からの浮気調査のご依頼でした。
奥様は、疑いを持ち悪い方向に推測してしまうことに疲れてしまいご相談に来られました。

帰宅が遅い日が増えた。飲みに行く回数が増えた。携帯を気にしている。このような点から、
疑いを持ち始め、ご相談に来られた頃には、浮気している!と心の中でほぼ確信していた奥様。

ですが、浮気をやめさせもう一度やり直したいとの強い思いがありました。
そんな方からの感想です。


<感想>
精神的にもかなりまいっていたところ、相談員さん、スタッフの皆様が優しく親身に
話を聞いてくださり嬉しかったです。
自分だけで考えていたのでは、対処の仕方がわからなかったので、助言してくださった通りの
対応をしたことで、いい方向に向かうことができました。
まだまだこれからですが、頑張ります。ありがとうございました。

【依頼者様の声】

長年ご主人の浮気に悩まれていた、40代女性から浮気調査のご依頼でした。
ご主人の行動の怪しさ・不自然さから、疑い(ほぼ確信)を持っていらっしゃいましたが問い詰めてもシラをきられるばかりで話にならない。とご相談に来られました。
そんな方からの調査後の感想です。

<感想>
私が不貞の証拠を出せないのがわかっていて「知らぬ存ぜぬ」を突き通され、何度も
屈辱を味わってきました。
長年連れ添った夫婦っていったい何なんだろう…と思います。

今回頂いた証拠写真を突き付けて、やっと今までの不貞を認めさせることができました!
相手の女性にも関係を認めさせることができ、今後のことを話し合うことができました。

今までは、何を言っても「お前の気のせいだ!」「精神的におかしいのか!?」「考えすぎ」などの暴言の数々を浴び続けてきましたが、やっと救われた気分です。
ありがとうございました。

【やり直す為に!】

今回の依頼者様は男性でした。
奥様から突然「離婚してほしい」と言われ調査を依頼されました。
浮気調査ですね。

以前から外出が増えたり、何かとイライラした様子で冷たくあしらわれる事が増え始め
〝おかしいな〟と疑いは持たれていたそうですが今回、離婚を言い渡されたことにより確信に
変わったそうです。

実はこの夫婦、過去にご主人が浮気していた経験があるそうで、浮気が奥様にバレてしまい…
その時は「今後は仲よくやっていこう!」と話し合いでやり直す方向に解決したそうです。
ですが今回は逆になってしまいました。

ご主人は、奥様のことを許すつもりでもう一度仲よくやり直したいとの想いで、離婚する気は
ありませんでした。
ですから、離婚を却下させるつもりで証拠がほしいと言うことでした。

調査中、奥様が浮気相手にメロメロな所や旦那様には向けないであろう笑顔など心が痛くなる場面がいくつか見られました。
経過報告もしましたが、それでもご主人の意志は変わらずやり直したい!でした。
こんなにも奥様を思っていらっしゃるご主人を益々応援したい気持ちになり、精いっぱいの調査をさせて頂きました。

その間も、夫婦の間では離婚したい!したくない!の話し合いが続いていました。
収拾のつかない押し問答の結果、調停を申し立てすることになりましたがそれでも和解出来ずで
裁判まで行ってしまいました。
その頃には無事証拠も揃い提出することができ、一気に形勢逆転!!
奥様の不貞行為で離婚の請求は棄却され離婚出来ないことになりました。

その後すぐに〝仲良く〟とはいきませんでしたが、お互いが同じ経験をして反省する点もあり、
許しあうことでパートナーを改めて大事にしていけるんじゃないかと私は思いました。
今では、仲良く元通りの夫婦になられていています。

最初に浮気したから。とか2人が同じ過ちを犯しているからお互い様。とか関係なく許しあえる
この夫婦を素敵だな!と思います。

【稀なケースの対応策】

滅多にありませんが、浮気をしていたパートナーが自白をしてくるパターンがあります。
浮気がバレている事に気づいてしまったんでしょうね。(笑)

その時既に証拠を手にしていれば何の問題もありませんが、何も持っていない時にはどうすれば
よいのか…?

①不貞行為の事実を書面に残しておいて下さい。
②慰謝料請求の手続きをします。(離婚する場合もしない場合も)
③書面で請求しますので、内容証明にて発送してください。
 この際、不貞行為の事実に関しても明記しておいてください。
 弁護士さんと相談しながら作成すると尚良いですね。
④相手と慰謝料の話し合いをします。
 相手が金額を飲めない・要求拒否・音信不通になる等があった場合裁判になります。
⑤裁判。

簡単な説明ではありますがこういった流れになります。
文字にしてみても結構面倒だなと思ってしまいましたが、こうなる前に早目に証拠は握っておくに越したことはありませんね!


【ありがとうございます】

先日、依頼者様からご連絡を頂きました。
ご主人の不倫調査でご依頼を受け、調査させて頂いてました。
相手の女性を調べ、証拠もバッチリ抑え無事調査は終了!

さぁ!ここからです。
話し合いで解決したいところですが、中々簡単にはいかず…

不倫関係を認めてくれなくては、話も進みませんよね。
ですが、相手の女性もそう簡単には認めません!
だって、認めてしまえば多額の慰謝料を支払わなければならないから。

そ・こ・で!!
証拠の出番なんですねぇ。
結局裁判にまでなったのですが、相手方の女性は中々強情な方だった様で散々認めず否定を
繰り返した結果…

物的証拠があるにも関わらず、認めないことで悪意があるととられてしまったんです。
完全否認=嘘=悪意ということですね。怖い…
結果、慰謝料額が増えてしまい結局支払う羽目に。

と言うわけで、依頼者様から喜びと感謝のご連絡を頂きました。
ご相談に来られた頃の暗く重い顔つきとは別人の様に明るく、大喜びされていました。

これぞ、探偵業の醍醐味ですね。
やってて良かったと思う瞬間でもあり、これからも頑張るぞ!と活力にもなりました。

【インスタ始めました!】

この度、シークレットジャパン楓はインスタグラムを始めました。
まだまだ不慣れですので、文が読みにくかったり、投稿数やフォロワーが少ないですが…
是非覗いてみてください!

フォローして頂きましたら、必ずフォローバックさせて頂きます。
また、知りたい事や疑問等コメント頂けましたら、コメントを元に投稿させて頂こうと思っていますのでよろしくお願い致します!

お時間ありましたら、「シークレットジャパン楓」で検索してみてください。

【時間の無駄】

私は元依頼者です。
ずっと何年も、主人の浮気を1人で抱え、悩み、考え耐えてきました。
その間、色んな気持ちになりました。

「離婚してしまえば楽になれる!」そう思ってはいたのですが、主人は了承してくれず…
私自身も、当時まだ小学生以下だった子供たちを抱えていましたので、大きな行動に出る勇気も
時間もなく、ただ毎日ひたすらに生活を送り、悩み、考えて、耐えて…を繰り返していました。

だけど、行動しなければなのも変わらないのが現実。
そんな時に出会ったのがシークレットジャパンでした。

依頼していることはもちろん主人には秘密ですし、バレては水の泡でしたので我慢はありましたが、その度に愚痴を聞いてもらい、相談に乗ってもらい、心のケアをしていただきました。
それがなければ私は我慢出来ていなかったと思います。

その後調査は順調に進み、結果私は新しい人生に一歩踏み出すことができました。
今は子供達も、私を支えてくれる程大きく成長し、母子家庭ではありますが家族仲良く楽しく
過ごしています!

こんな生活が待っているなら早く相談しておくべきだった…と今だからこそ思います。
悩んで苦しんで楽しいことなんてなかった過去の数年間、本当に長く無駄な時間を過ごしたな
後悔しています。

そんな方々を救うのが私たちの仕事です。
人生は楽しむものだから。
次は、あなたが幸せになる番ですよ!

【怒りの種類】

以前、感情の種類について書きましたが、今回は「怒り」について少しお話します。

パートナーの浮気・不倫が発覚すると、怒りを感じる対象が人によって違うと思います。
①パートナーに対して感じる人
②浮気、不倫相手に対して感じる人
③自分に対して怒りを感じる人
④パートナーを促した疑いのある第三者   etc…

状況により異なりますが①か②に該当する方が大半だと思います。
特に①の様にパートナーに怒りを感じると、共に生活することが非常に苦痛になります。
何をしていてもイチイチ視界に入りイライラしてしまいませんか?
そんな状況で仲良くなんてできません!

②に関しては、まずどんな相手なのかつきとめたくなりますよね。
その他、言いたいことはたくさんあるし、仕返ししてやりたい!と思う、嫉妬からの怒りの感情でいっぱいになると思います。

③の場合では、過去を振り返り、考え、思いつめすぎて、怒りを通り越して鬱っぽくなってしまう方もいらっしゃいます。

④の場合、文句を言って責めたところで喧嘩になって終わるだけですし、余計に怒りがこみ上げます。

怒りの矛先は様々でも、どれも共通して言えることは「ご自分で怒りを鎮め解決することができますか?」と言うことです。
怒りはやがて、苦痛と共に悲しみや絶望に変わり自分自身を傷つけてしまいます。

そうなる前に、助けを求めてください!
1人でも多くの方が救われ、幸せな1歩を踏みだせる様に私共が最善の策をご提案致します!

【感情の種類】

ご主人が浮気(不倫)していると悟ったと時、どんな感情に駆られますか?
「なんで私だけこんな想いしなければいけないの!?」と悲しくなったり
「絶対に許せない!!」と怒ったり、ご主人の言動や行動にイチイチ腹が立った
「何がいけなかったんだろう…」と自分を責めてみたり、離婚後を考え「1人になってしまう」「子供を育てていけるのか!?」など不安に思ってみたり…

色んな感情を持たれると思います。
だって、女ですから考えられずにはいられませんよね!?
その考える内容、内容によって生まれる感情は止められません。

ですが、どのパターンであっても1人で抱えることはのループでしかありません。
負の感情があるからこそ、周りに影響が出てしまう…

お子様がおられる方は、心当たりがあるかと思いますが
普段通りに話しかけてきた子供に対し怒ってしまったり、キツイ口調や素気ない返答をしてしまったことはありませんか?
こうなってしまうと、もう夫婦だけの問題ではありません!

時には第三者に頼り意見を聞き、視野を広げてみる事も必要だと思います。
現状を打開したいからこそ、考えて、感情に振り回されて必死にもがいているのですから!
私たちは、いつでも皆様の味方です!

【イベント満載の冬こそ!】

12月から3月にかけてイベント盛りだくさんの冬。
クリスマス・年越し・お正月・バレンタイン・ホワイトデー等々…
パートナーに不信感を持たれた方もいらっしゃることと思います。

大人になってもやはり恋人と過ごすイベント事には気合が入りがちになります。
恋人から「会いたい」と甘えられると「叶えてあげよう!」と思ってしまうものでは
ないでしょうか。
だからと言って不倫関係である以上は無警戒に密会する人はいません。
恋人に夢中になるあまり、警戒意識が薄れ熱中してしまう方もいますが…

ですが、どんな人でも完璧に隠すことは出来ないと思うのです。
不自然さや違和感は少しずつこぼしているはず!
それに気付けるのは色んなことを一緒に乗り越えて寄り添ってきた、夫婦だからこそだと思います。
何の根拠もない不信感、些細なこと、気になる事が御座いましたらいつでもご相談ください。
まずは吐き出して気持ちを落ち着かせることから始めていきましょう!

| 前の10件 | 次の10件 |  [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 13 ] [ 14 ] [ 15 ]  |