探偵日記Blog

探偵日記

キーワード検索 :  

【慰謝料額の割合】

離婚を考えての依頼をお受けした際に「慰謝料はどれくらい取れる?」と良く聞かれます。
実際、弁護士と話をする機会は多いですが、プロではありませんので一概にはお答えできません。

ですが、やはり気になるところではありますよね。
そんな方に、法務省の司法統計による、夫婦の離婚における結婚期間別、慰謝料の平均額が
ありますのでご紹介します。
参考までにご覧ください。

1年未満   140万円
1~ 5年   199万円
5~10年   304万円
10~15年  438万円
15~20年  534万円
20年以上  699万円

上記は、あくまで平均額です。
見て頂くとわかりますが、婚姻期間(夫婦であった期間)が長い程金額が高くなっています。
一般的には、婚姻期間が長い方が離婚による精神的苦痛は大きくなると言える為です。

ですが期間だけが重要な要素ではありません。
収入額ももちろんですが、子供の有無や人数によっても変わってきます。

パートナーの浮気が原因で離婚する場合であっても、自分に非がなければ問題ありませんが
浮気発覚前からセックスを拒み続けていた等があれば減額の対象になりえます。

何が重要な要素として捉えられるのかは、全ての人に共通している訳ではない為
慰謝料の増額や減額についても状況と環境次第です。
前もって自分で調べたり、おおよその金額を聞いたところで必ず前後します。
正確な慰謝料を知るためには、弁護士に相談することをお勧めします。

少し弊社の調査見積もりと似ていますが、全ての人が同じ状況や環境ではない為に調査方法も
様々になるんです。
だから、同じ浮気調査でも料金が異なってくる為、予め調査料金を表示することを
していないのです。

話が逸れましたが、慰謝料請求に必要な証拠集めはお任せください!
効力の弱い(立証力の弱い)証拠をたくさん集めてもほぼ役に立ちません。
明確な証拠を多数挙げる事が出来れば、高額請求も可能です。

【離婚を決断する前に】

離婚する夫婦は多いですが、本当に離婚しなければどうにもならない事でしょうか。
どんな理由であっても離婚を切り出す前に、もう一度良く考えてみてください。

例えば、パートナーの浮気が原因で離婚を考え始めたとします。

離婚した場合としなかった場合を想像しながら考えてみてください。
そして両方のメリットとデメリットを考えます。

・離婚した場合のメリット
慰謝料がもらえる。
新しい人生を始められる。
自由になった。
気持ちが楽になった。
・離婚した場合のデメリット
1人になる孤独感。
支え合えない。
安心感がない。(毎日が不安)
収入が少ない。

・離婚しなかった場合のメリット
1人じゃない。誰かがいるので孤独感がない。
子供に十分な環境を与えられる。
経済面の安定。
負担を分け合える。
夫婦関係の再構築が出来る。

・離婚しなかった場合のデメリット
精神的疲労。
フラッシュバックする。
愛情が持てない。

離婚をしてもしなくても冷静にちゃんと考えると、それぞれに良い面と悪い面はあります。
その中での自分の最優先事項はどれですか?
そこが明確に出来ないのであれば、まだ離婚を考えるには早いです。

離婚は思っているよりも大変で、時間と労力そして精神力を使います。
夫婦関係が長ければ長い程に築き上げてきたものが大きい為、そこを乗り越えるには
〝堅い意志〟がなければなりません。

意志が持てたのであれば、次は離婚するにあたっての約束事を話合い決めなければいけません。
ここが揉めてしまう所です。

慰謝料や財産分与、子供がいるならば養育費や親権などですね。
この金額が中々話合いではまとまりません。
もしスムーズに決まったのであれば必ず書面として残しておくこと!
あとで「知らない」「払わない」と言わせない為です。

支払いに関しては、第三者(相手方の親など)を連帯保証人としてサインをもらうことが出来れば
なお安心です。
スムーズに話合いが出来なかった場合は、裁判や調停を立てる事も想定していてください。

ここまでは準備しておいてほしいです。
さらには、知識や情報はあればあるほど良いですから弁護士に相談してみるのも良いですね。

この様な工程をこなすのに、どれくらいの時間が必要だと感じましたか?
離婚には、たくさん考える事ややらないといけない事がついてきます。
離婚届けを提出するだけが離婚ではありません。

この他にも、戸籍の移動や住居の確保等挙げればキリがないですが新しい生活を
始めるのですから、準備することがまだまだあります。
それだけ大変な事をしようと思っているんです。

今一度、やり直せないか見直してほしいと思います。
メリットが何も浮かばなくなってからでも遅くはないはずです。

そして、再構築のやり方もいっぱいあるはず!
試行錯誤しながら、素敵な家庭を作ってほしいと思います。
離婚率下がれ!!

【意識されるには?】

浮気や不倫をされるとどんな気持ちになりますか?
まず、喜ぶ人はいませんね。
旦那様の浮気調査などで、依頼者の奥様からたまに耳にする言葉でもある
「女としての魅力を否定された気持ち」と言う言葉。

日常生活の中で夫婦は、男女の仲と言うよりは家族感が出てしまうので、どうしてもお互いに
新鮮な目で見ることは出来なくなるし、異性としての意識が低くなってしまいます。

だけど、男女共に共通して言えるのは「いつまでも男でいたい」「いつまでも女でいたい」と言う気持ちを持っているということ。
異性として意識する!それが出来ている夫婦はどのくらいいるでしょうか?

実は、半数以上いるんです。
そういった夫婦も、常に異性だと意識している訳ではなくそういう瞬間がある。といった回答が
多く見られます。

では、どんな瞬間なのか。

[夫に男性を意識する瞬間]
・あまりしない服装をしたとき。
普段のお仕事は作業着だけどスーツ姿を見るとドキッとするなど、見慣れないギャップに
やられる。
特にビシッと決めた時にカッコいいと思う。
・力強い。
重いものを持ってくれたり、私を片手で支えれるところ。
力仕事をしているとき。
壊れたものを直してくれた時。
・スキンシップ
求められると、自分が女だと実感すると同時に夫も男だと意識してしまう。

王道と言えば王道な回答ですね!
女性は、キュンとくるしぐさや見た目に男性を意識するのかもしれません。

[妻に女性を意識する瞬間]
・化粧をする。
キレイになるし変わるから。
よそ行き様におしゃれをしているとき。

・体に触れているとき。
体の柔らかさを感じると意識する。
男とは明らかに違う感触に意識してしまう。

・甘えられると。
甘えられると可愛く思う。
甘える事は女性の特権だから。

意外と女性と似た回答でした。
どちらも、外見やしぐさなど目に見えるものに意識してしまう様に思います。

共に生活をしていると、どうしても毎日バッチリ着飾るなんて不可能です。
楽な格好だったり自然体の状態でいる事の方が多くなります。
だからこそ、たまにちゃんと着飾ることによってドキッとさせることができるのです。
そんなことで異性として意識してもらえるなら簡単じゃないですか!?

何をしても意識してもらえなくなってからでは手遅れです。
そうなる前にほんの少しの努力をしてみてください。
お互いがお互いの事を考えて気をつけるだけで、だいぶ生活が変わると思います。

【疲れてしまわないように】

パートナーを疲れさせる行動をとっていませんか?
相手を疲れさせてしまうと、「重い」「面倒くさい」等の理由から、一緒にいる事でさえ苦痛になってきてしまいます。

そうなってしまうと、話をしようと向き合っても内容のない話合いしか出来なくなります。
一緒に居ることが苦痛に思っている為、解決する意味を感じなくなり
どうでも良くなっているので、話合い事態を早く終わらせようとしてきます。
当然、不満があったとしても話合いをしたくないので言いません。

だけど不満を言わないことが我慢やストレスに繋がり、いつかは爆発してしまいます。
こちら側としては、突然爆発されても意味が解らず困りますよね。
怒りや感情的な面でぶつかってきてくれると、まだ分かり合える余地は十分にあると思いますが、最悪の場合には、浮気や不倫に走りストレスを解消するケースも少なくありません。

そうなる前に、普段から相手を疲れさせないように気をつける事が出来れば問題にはなりません。
皆さんは下記の様な行動をとっていませんか?

・自分の傷ついたことや苦しみを大げさに表現する。
察してもらうためにワザと泣いてみたり、暗い表情や落ち込んでいる態度を出したり
していませんか?
・相手に、今よりも大きな愛情を求め続ける。
誰でも常に愛されていたいのは当然の事ですが、必要以上に「好き?」「私に飽きた?」
「魅力ない?」等の確認をされると、しんどいですよね。
・相手によってすごく傷つけられた事を強調する。
あなた他のせいで… 傷ついた、人間不信になりそう、おかしくなりそうなど全部を相手のせいにし
責任を押し付けられると嫌になりますね。
人としてどうかとも思いますが…
・自分を卑下して自分のせいにする。
全部私のせいだね… 私がダメだから… の様に言われると最初は優しく対応できても
段々うっとおしくなってきますね。
・過去の失敗を何度も持ち出す。
前もこうだったし、その前も… など、今関係のないことを持ち出しネチネチ言われるのは誰だって
気分が悪くなります。
・昔と変わったことを強調する。
前はこうだった。付き合う前は優しかったのに… の様に言われてもお互い様な部分もあるはず。

やってしまった事あるわ!って思われる方もいるかと思います。
日常の中で普通に言ってしまいがちな言動が多いですがこう言った行動や
発言をする側にも「疲れ」はあります。

本当は要望や願望を伝えたい!
怒って文句も言いたい!
だけど伝えることで喧嘩になるのでは?嫌われるのでは?と思う恐怖心から、この様な態度に
なってしまうのです。
相手の顔色を伺い、素直な感情表現が出来なくなってしまっているからです。

疲れさせる側とさせられる側、どっちも「向き合うこと」をしないから疲れてしまうのです。
お互いに相手の気持ちを考え汲み取ってあげる努力も必要です。
今の世の中、自分が良ければそれでいい。と言う様な考えの方が多いですが、そうじゃない。

幸せは2人で作るものだから、どちらか1人でも自分本意になってしなっては
上手くいく訳がありません。
浮気や不倫をされてから焦るのではなく、普段から予防につながる様に上手くやっていけることが理想です。

【幸か不幸か】

浮気をされてしまうとショックで傷ついてしまい、自分がこの世で1番不幸な人間の様に
思えてしまいます。
その後、人間不信やトラウマになってしまう事もあります。

ですが、浮気をされてしまった経験のある女性には、素敵な男性に出会い付き合える確率が
高いことが科学的に証明されているんです!
素敵な男性の定義は人それぞれ違いますので一概には言えませんが、少し希望を持てますよね。

理由は、簡単!
・男性を選ぶ基準が出来るから。
過去の経験から「こんな人は嫌」「こんな男性はダメ」と学んだことが基準となっていきます。
経験したことだから覆らない理想が出来るんです。

・恋人に望むことを伝えられる。
付き合う前や、付き合った後に「こんな人は嫌」と伝えているので、同じことは
されにくくなります。
相手の男性も、わざわざ嫌がることをしようとは思いませんし、気をつけるはずです。

・自分自身を見つめ直せる。
自分の何がダメだったのか問題点を反省し、今後浮気されない、させない為にはどうすれば
良いのかを考え成長することが出来る。
人に求めるばかりじゃなくて、自分を見つめ直し正す事もとても大事です。

どれも傷つかなければ見えない事、考えない事だと思いませんか?
どんな経験も、必ず何かの役に立ちます。
生かせるかは自分次第ですが、悪い経験も教訓とし、前向きに考える事でプラスになります。
一回り素敵な女性になり、素敵な男性を捕まえましょう!
だから決して不幸なんかじゃなく、幸せな事だと捉えましょう。

では反対に、浮気した側について考えてみます。

浮気している間は、楽しくて幸せな気分でしょう。
でも、そんな時間が長く続く訳ありません。
と言うのも、そもそもの考え方に問題があるからです。

浮気をする人は
・恋人に尽くそうという意志が弱い。
・恋人関係の満足度が低い。
・またすぐに、キレイorカッコいい人と出会えると過信している。

等の考えを持っているからです。

上記を見てわかるように、本気さを感じ取れる思考がありません。
でも、本人は至って本気です。
ただ残念なことに、恋愛とはそうゆうものだと認識している為、これが
浮気する人の本気なのです。

当然、そういった恋の経験しか持っていない為これが普通だとも思っている事でしょう。
ある意味、より素敵な人に出会うための行動ともとれますが結局捕まえる人はいつも
同じタイプなのではないでしょうか。

さらに、繰り返し浮気をする人の特徴としては、スキンシップに積極的で恋愛に慣れている人
が多いです。
恋愛慣れしている為、恋愛に対する自己評価がかなり高めです。
言い方を変えればナルシストとも言えますが、自分なら選びたい放題だし、ダメになっても
次があると思っているので何の心配もなく、あっちもこっちも手を出せるんです。

そんなことをしていても、いい恋愛、幸せな恋には巡り会えませんよね。
浮気は所詮一時の幸せしか、もたらしてはくれませんから。
本当に幸せな恋愛を知ることが出来ないと思うと可愛そうに思いますね。
そう思うと、少し許せそうな気持になりそう!?

どんなに辛い思いをしても、経験を生かすことで幸せにはなれます。
ですが、経験をそのままに過ごしてしまうと不幸にもなります。
相手の事を考え、物事を前向きに捉え成長できるよう考えて努力していくことで、人は
幸せになれるのだと思います。



【スキンシップ】

カップルにとって欠かせないスキンシップの1つであるキス。
女性に聞いた「キス」についてのアンケート記事を見つけたのでご紹介します。

「最高のキス」「最悪のキス」のベスト3とワースト3をまとめたもので、女性は共感できる部分が多いのではないでしょうか。
男性は必見ですね!

[最高のキス]
第3位:愛を感じられるキス
ギュッと抱きしめられながらのキス、目を見つめながらのキス、おでこやほっぺへの軽いキス等が挙げられています。
どれも乙女心を刺激されちゃいますね!

第2位:ロマンティックなキス
付き合って初めてのキス、デート帰りや別れ際のキス、車中や夜景などムード満点のキス、映画のワンシーンの様なキスなど。
キュンキュンして愛おしくなりますね。

第1位:情熱的なキス
エレベーターなどの人目を盗んでのキス、強く抱きしめられながらのキス、耳や首などに
触れられながらのキスなど。
我慢できないの?と言わんばかりに求められてる感がありますね。
もうメロメロです。

[最悪のキス]
第3位:されるがままのキス
あいまいな関係のまま交わすキス、ノリや勢いでされる強引なキス、喧嘩中に気持ちを
落ち着かせる為のキス、誤魔化す為のキスなど。
一瞬ドキドキしてしまいそうですが、気持ちのない相手からのキスはやっぱり嫌です。

第2位:全然気持ちの入っていないキス
あいさつの様な毎回同じキス、エッチの際に決められた流れでのキス、明らかに雑誌などから
影響を受けたであろうキスなど。
こうしておけば間違いない!といった感じで、気持ちが全く感じられませんね。

第1位:臭いなどで不快だったキス
クチ周りを唾液でベタベタにされたキス、口臭やタバコなどの臭いのきついキス、歯が当たる、
鼻息や息遣いが荒い、集中できないキスなど。
好みの問題とも取れますが、自分本意な所を感じます。

いかがだったでしょうか?
共感できる部分や、なんとなく理解できるところなど様々だと思います。
簡単に出来るスキンシップではありますが、思いを伝える大切な行為でもあります。
相手の事を思いやる気持ち、考える気持ちが必要不可欠なのではないかと思いました。
相手の目線に立って。と言うやつですね。

【自虐ネタを武勇伝に!】

インスタやSNSを見ていると、サレてる方々が多いなと思いながら拝見しています。
投稿者は特に女性が多いかなと思います。
同じ様な体験や思いをされている方に向けて書かれているのだと思いますが、その中でも
気になるのが「愚痴」です。
悲しんでいると言うよりは闘争心むき出し?の様に怒っている方が投稿されている傾向に
あります。

浮気している夫=バカ。
と記載してる方が多く、騙されただとか頭がおかしいだとか…
愛情が持てなくなってしまえば、そう思うのも無理はありません。
そして、女性だったらやっぱり気持ちはわかる!
投稿に対するコメントを見てもやっぱり「わかります!!」みたいな賛同の声が多数。

女性は、共感して欲しい生き物です。
共感できる部分が多ければ多いほど盛り上がります。
読んでいて、共感コメントが欲しくて書いてるんじゃないの?と思ってしまうことも
正直あります。

投稿内容を見ていると、浮気発覚の経緯や旦那様に対する愚痴、相手の女性の愚痴、現状の
自分の気持ちが書かれています。
自分自身の気持ちの整理、自分が間違っていない事を証明したい、共感してもらうことで
安心できる又は勇気がもらえる。
等の諸々の理由はあると思いますし、傷ついている時こそそういう気持ちになりがちです。

ですが、私は「だから?」と思ってしまうのです。
もちろん冷たくあしらう意味ではありませんよ!
読んでも読んでも先の事や解決の道が一向に出てこないからです。
現状に不満があるんでしょ?
今後どうしていきたいの?
どうなりたいの?
と思うからです。

投稿されている口調は基本的に強気な文面が多いです。
だけど、内容は自虐ネタと言うかみじめになってしまう様な事ばかりです。
みじめに思いたくないから強がっている。
そして、その投稿を読んだ人も一緒になって愚痴を吐く。
だけど、これって単なる負のループです。
お互いにメリットはないですよね。

だったら、そのみじめな思いをさせられた怒りを行動に向けてほしいです。
やられっぱなしで悔しいじゃないですか。
もちろん、本当は傷ついてへこんでしまいそうだけど、強がっているだけな人も
いるかもしれない。

だけど、浮気されたという自虐ネタよりも、浮気されたけど見返した!と言った武勇伝の方が
かっこいいじゃないですか。
制裁方法など、その時のエピソードを投稿する方が自分自身もイキイキすると思うし、
悩んでる方への参考にもなります。

マイナス意見の賛同よりも、かっこいい!良くやった!と言われる内容を投稿している方が
よっぽど価値のあるものになると思うんです。
経験者の言葉は説得力がありますから。

人は見てわかる変化に興味を奪われ、行動力に繋がっていくものです。
良い方向に変わっていく姿は、とても魅力的ですから。
あんな風になりたい!と憧れることで動けるのです。
1人でも多くの武勇伝が聞けるようになればいいなと願います。








【面談】

弊社は電話やLINE等でお問い合わせいただく事がほとんどですが、必ず面談を
させて頂いています。

会うのはちょっと…
時間作れないから難しい…
と敬遠されがちですが、キチンと理由はあります。

真剣なお悩みに対して、こちらも真剣に向き合いたいからです。
お電話でもご相談内容をお聞きしていますが、実際会ってからお話させて頂いた方が
たくさんの情報をお話し頂ける結果になっています。
それは、話しているうちに私達を少しでも「信用できるかも」と思っていただけたから
だと思います。
調査にとって情報は、必ず必要なものですからあればある程有利です。

信頼関係は大事です。
信用できない人や会社に任せる気にはなりませんよね。
だからこそ、見極めて頂きたいと思っています。

業務上の話で言えば、言葉だけでは伝えにくい事も伝えられる。
ターゲットとなる方のお顔の確認。
ご相談内容を詳しく聞いたうえでの見積もりが出来ます。

この見積もりが結構重要で先ほどお話させて頂いた通り、お電話でお聞きした内容に
プラスアルファの情報が加わることがほとんどなので、こちらの調査方法が全然違うものに
変わったりもします。
話が違う!とならない為にもお電話での軽率な料金提示はしていません。

知らない人と会う。となると構えてしまったり、不安に思ったりしますが、一緒にお茶でも!
と言った気楽な気持ちで雑談する程度に思ってください。

探偵は、そんなに怪しいものではありません(笑)
普通の人間です。

【時間の使い方】

何かを始めるには必ず時間がかかります。
自分が日々費やしている時間、他人にも同じように時間が流れています。
たまには、ゆっくりのんびり休息に使うことも良いでしょう。

では、パートナーが浮気しているかも!?と疑いを持たれてる方は、どんな時間の
使い方をしていますか?
おそらく、相手の事を想いグルグルと妄想や不安に悩まされる事に時間を費やす方が
大半でしょう。

悩み考える時間も大切です。
人間ある程度考えなければ、行動には移せません。
ですが、あなたが悩んでる時間、パートナーにも時間があります。
何をしていると思いますか?

そう!浮気相手と楽しく過ごしています。
あなたが、悩めば悩むほどにその時間は、浮気相手との愛を育む時間を与えてしまっている
事になります。

悩んでいるあなたと、パートナーの時間の使い方には違いがあります。
悩むと言う行為は立ち止まっている事と同じですが、愛を育んでいる行動には少しずつの
前進があります。
そうなると、状況が変わる可能性があるのはパートナーの方ですね。
どちらが有効な時間の使い方と言えるでしょうか?

当然、調査するにあたっても時間は必要になります。
ターゲット次第の調査では必要になる時間もマチマチですので、必ず1日で!なんて言えません。
(弊社は適当な調査はお引き受けしませんので、それなりのお時間を頂けるように調査前に
了承して頂いています。)

その間にも、やっぱりパートナーの浮気は止まりません。
恋人同士なら会うだけではなく、連絡を取り合いさらに関係を深めるのは当たり前の事。
会わなくても愛は育む事が出来ますし、未来に向かってどんどん話が進んで行ってしまうケースも珍しくはありません。
浮気しているパートナーの方が、充実した時間を送りキラキラしている様に思いませんか?
なんか腹が立ちますよね。そんな時間与えたくない。

だから、悩んでないで相談してほしいのです。
話してくれれば、あとはこちらにお任せして頂くだけで、どんどん話が進みます。
悩んで立ち止まる時間と、調査結果を待つ時間は全然違います。
どちらが有効的な時間の使い方なのかよく考えてみてください。

【不倫男性が離婚しない理由】

不倫は、自分で終わらせることが出来ない人がほとんどです。
結果、奥様にバレてしまい修羅場又は離婚に発展してしまう事に…。
バレずに終わらせていたとしても、また繰り返します。
だってバレなかったんだから。

男性にとって、不倫とは大体の場合が割り切ったもの。
間違っても本気になるようなことはほとんどありません。
だからと言って、相手に全く好意を持っていない訳でもありません。
恋をしているのは、妻ではなく不倫相手だと言うだけ。

結婚を経験されている方はわかると思いますが「好き」と言う気持ちだけでは結婚
できませんよね?
夫婦になるにあたって、愛は1番大切な事ではありますが、その他諸々の条件が整って
やっと結婚に踏み切れるものだと思います。

不倫男性は「好き」の気持ちしか相手に抱いていない為、妻とは離婚しないんです。
要するに、不倫相手には恋人関係以外は求めていので結婚する気もない。
だから、必要以上に踏み込んで来るな!ということ。
当然、妻がいる事を了承してもらったうえでの関係ですからある程度のルールは自然と守ってくれる都合のいい女。

妻に対してはパターンがいくつかあります。
生活を守ってくれている。
自分の事を一番わかってくれている理解者である為、生活の居心地は良い。
妻に離婚を迫るような、理由がない。
さらに、子供もいれば家族としての幸せは手に入れている状態ですから中々手放すのは
惜しいです。

また別のパターンでは、夫婦関係は冷め切っている状態であっても「結婚ってこんなものだ」と思っている為生活に不満がない。
誰と結婚しても一緒で、長年連れ添っていくうちに冷めてくるものだと思っている人もいます。
じゃあ離婚すれば?と思うかもしれませんが、離婚する為には、たくさんの時間・労力・精神力・お金等の負担があります。
そんな面倒なことをしてまで、離婚したいとは思っていないのです。

そんな両方の良いトコ取りをしているのが不倫男性。
こんなご主人を野放しにしていてもいいと思いますか?
欲望>罪悪感になっている状態では、自分自身で区切りをつけることはできません。
男性は、女性に比べると子供な部分がありますからキチンと分別つけられる様に教えてあげてください。
ちゃんと制裁し、ダメな事なんだよ!と解らせてあげましょう。
いつまでも、舐められた女!のままでいないで。

| 前の10件 | 次の10件 |  [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 13 ] [ 14 ] [ 15 ]  |